楽天市場に出店してみた!徹底レビューします。【出店料金や出店方法をまとめました】

ネットショップ開業 楽天市場


 
こんにちは!
ネットショップ歴10年の、きつね店長です!

今回は
楽天市場に出店してみた!徹底レビューします。
このようなテーマで話していきたいと思います。

ネットショップ2店舗目のYahoo!ショッピングのお店が年商3000万円を超えてきたので、1年前の2019年に楽天市場に出店しました。

楽天市場出店方法や、出店料金、実際いくら売り上げられたのかを、まとめていきたいと思います。

動画解説はこちら

本記事の内容 ~目次~

楽天市場に出店していくら売り上げた?

結論

出店して3〜4ヶ月は月商10万円くらい。出店して1年で月商100万円を超えることが出来ました。

「月商100万円を超えるには1年かかります」
と出店前から楽天市場の担当の方から言われてましたが、実際その通りでした。

広告を使ったり、ネットショップの運営が上手い方は、月100万円以上に売り上げを伸ばすことが出来ると思います。

楽天市場に出店する価値はある?

結論は、「楽天市場に出店する価値はあります。」

「1年で月商100万円くらいかぁ」と思う方もいるかと思いますが、ネットショップで1番大変なのは月商100万円を売り上げる所までだと思います。

月商100万円を超えてくると、そこからはどんどん売り上げは伸びていきます。実際きつね店長の楽天市場のお店も月商100万円を超えてきてから、売り上げは伸びています。

楽天市場の出店の進み方

楽天市場の出店の進み方
楽天市場の出店の進み方についても触れておきます。

①楽天市場に資料請求する
②参考書で独学する
③出店申し込みをする
④初期費用 書類審査
⑤ネットショップの初期を作成
⑥開店前審査

1つずつ解説していきます。

楽天市場に資料請求をする。

まずは楽天市場に資料請求をしていきます。

※無料の資料請求リンク
楽天市場の資料請求は無料で出来ます。店舗さんの成功事例なども書かれており、勉強にもなりますので資料請求をしておくと良いと思います。
»楽天市場の無料資料請求はこちら

参考書で独学をする

この本はネットショップで売る方法の基本が書いてあり、とても読みやすい本です。

まずはこの1冊を読んでおくと良いと思います。独学でネットショップを勉強する方にはおすすめの本です。

出店申し込みをする

楽天市場の出店はこちらから出来ます。
»楽天市場出店案内

出店申し込みをしてから実際にお店をオープンするまで約1ヵ月かかります。

「結構時間かかるなぁ」と思われた方もいるかもしれません。しかし、楽天市場は他のネットショップと比べてかなり審査が厳しいです。

審査やお店をオープンするまでには約1ヵ月ほどの目安で考えておいた方が良いです。

初期費用 書類審査

出店申し込みをすると楽天市場から電話がかかってきて、お店作りのコンサルタントが付きます。お店作りのコンサルタントは楽天市場にオープンするまで、非常に丁寧に教えてくれますので安心です。

きつね店長のプランは、がんばれプランにしました。

初期費用の目安は294,000円(出店料金+月額出店料金年間一括払い)となってます。

先ほども話しましたが、月に100万円以上売る場合は1年くらいかかります。

月に100万円以上売り上げる方はスタンダードプランでもいいかもしれません。しかし初心者の方はがんばれプランで良いかと思います。

ちなみにプランは1年ごとに変更出来ます。

楽天市場への提出書類は

  • 出店申込書
  • 審査書類
  • お取扱予定商材の販売に当たって必要な営業許可・資格等の書類(古物取扱、酒類販売、食品営業、医薬品販売等)
  • 商材の写真
  • 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 【個人事業主の方は】住民票・印鑑証明書(共に契約開始日より3ヶ月以内に発行されたもの)
  • 実店舗の写真

となります。提出書類について分からないことがある場合は、楽天市場のコンサルタントが教えてくれます。

ネットショップの初期を作成

楽天市場の開店までに1番時間がかかるのが、ネットショップの初期作成です。

  • トップページ
  • 1商品の商品ページ
  • 基本情報設定
  • 配送方法・送料設定
  • お店の看板
  • 会社概要ページ

全てこの期間に作ります。
とにかく、この審査が厳しいです。楽天市場には独自のルールがあります。

きつね店長はこのような審査で通らなかったです。

看板は、お店の名前の文字が1番大きくしないと駄目
トップページにはリンクが1つ以上入ってないと駄目

細かく楽天市場の独自のルールが決まっています。しかし、ここはコンサルタントが本当に丁寧に教えてくれるので安心です。

»楽天市場の無料資料請求はこちら

楽天市場にお店をオープン

審査に通ると楽天市場にお店をオープンすることが出来ます。

オープン1年目はとにかく商品ページ作りに力を入れて下さい。

正直、オープンしてから6ヵ月くらいは売れません。あす楽(翌日発送)をするにも審査があり、オープンして6ヵ月くらいまでは審査にも通らず、あす楽もやらせてもらえません。

きつね店長のお店は、オープンして3〜4ヶ月までは月商10万円くらいでした。6ヵ月目以降は月商100万円の月も出てきます。

オープン1年目は商品ページを作り込みましょう。

「稼げるネットショップの作り方」についてはこちらで書いています。

「ネットショップで売れないものを売れるものにする方法」についてはこちらで書いています。

分からないことがある場合は、楽天市場のコールセンターに電話しながらネットショップを作成していきます。

楽天市場にオープンしたら、オープン後のコンサルタントが各店舗に付きます。

しかし、オープン前のコンサルタントはとても丁寧に教えてくれますが、オープン後のコンサルタントは挨拶と広告案内程度です。

オープン後のコンサルタントはあなたが行動しない限り、コンサルタントが何かをしてくれることはありません。

「コンサルタントと、うまく付き合う秘訣」についてはこちらで書いています。

余談ですが
楽天市場にオープンすると、SEO会社や広告会社から営業の電話がやたらとかかってきます。少し面倒くさいです。

まとめ

まとめ
よくある質問で
「今からでも楽天市場に出店する価値はありますか?もう遅いですよね?」
という質問があります。

結論、今からでも楽天市場に出店する価値はあります。

きつね店長の場合は2019年に出店して3〜4ヶ月は月商10万円くらい。1年で月商100万円を超えることが出来ました。1年を超えた今でも売り上げは右肩上がりです。

「今からでもネットショップって稼げますか?」はこちらでも書いています。

何ごともそうですが、まずは行動しないと何も変わりません。

まずは行動→動きつつ考える

楽天市場での出店を考えているあなたは、資料請求からしてみると良いです。

楽天市場の資料請求は無料で出来ます。店舗さんの成功事例なども書かれており、勉強にもなりますので資料請求をしておくと良いと思います。
»楽天市場の無料資料請求はこちら

人気記事【無料あり】ネットショップ比較7選!店長歴10年の僕がおすすめします。

人気記事ネットショップを開業するおすすめの方法