ネットショップで差別化する方法【テクニックを5つ紹介します】

ネットショップ開業


 
こんにちは!
ネットショップ歴10年、年商6000万円のきつね店長です!

今回は
ネットショップで差別化する方法【テクニックを5つ紹介します】
このようなテーマで話していきます。

ネットショップには既に数多くの商品が出回っています。
これからネットショップで商品を売るためには、他のお店と商品の差別化が大切だと思います。

他の商品と差別化が出来ない商品は、ネットショップに限らずこれから売るということは難しいと思います。

差別化が出来ないと、他の商品やお店と勝負することが出来ません。勝負できるのは価格競争のみとなってしまいます。

商売をする上で、絶対にやってはいけないことが価格競争です。価格競争をやって何年も続いているお店は見たことがありません。

商品を売るためにも、価格競争をやらないためにも、差別化をすることが大切になってきます。

差別化するためのテクニックは次の通りです。

  • ランキングを利用する
  • レビューを利用する
  • 実績を利用する
  • こだわり、商品の作っている写真を利用する
  • ブランドになる

気づいた方もいるかもしれませんが、これを商品ページに載せていくと、売れる商品ページが完成します。

・ネットショップで商品をもっと売りたい。

・ネットショップを始めたけど、なかなか売れない。

・売り上げを伸ばしたい。

この記事は、そんなあなたに役立ててれば嬉しいです。

動画解説はこちら

本記事の内容 ~目次~

ランキングを利用する

差別化で1番王道な方法は、ランキングを利用する方法です。

よく、ネットショップで楽天ランキング1位やレビューランキング1位などを見たことがあるかと思います。

ランキング1位を商品ページに載せるだけで、お客様の目を引くことが出来て、他の商品との差別化にもなります。

きつね店長のお店の商品が、ランキング1位を獲得した場合は、商品ページと商品写真にもランキング1位を載せるようにしています。

以外とやっていない店舗さんが多いのですが、商品写真の左下等に楽天ランキング1位獲得と載せるだけで、アクセス数、転換率がUPしますのでおススメです。

しかし、楽天市場でランキングを表示する際には、いつの受賞なのか等を記載するルールがありますので、注意が必要です。

「おいおいちょっと待て、きつね!
ランキング1位なんて簡単に言うけど、なかなか取れないよ」

そう思われた方もいるかもしれません。
ランキングと言っても様々なランキングがあります。
楽天市場では、商品ジャンル事にランキングがあり、デイリーランキングの他にリアルタイムランキングもあります。

ジャンル別のリアルタイムランキングというニッチなランキングだと比較的、1位も取りやすいかと思います。

リアルタイムランキングで1位を取ることが出来ればスクショをして商品ページや商品写真に載せて、お客様にアピールをしていきましょう。

それでも、ランキング1位を取ることが難しいあなたは、店内売り上げ1位などの表示方法もあります。結構、色々なお店で見かけます。

ランキング1位の表示はお客様の目を引きますので積極的に表示して、他の商品との差別化をしていきましょう。

レビュー(お客様の声)を利用する

ネットショップにとって、レビューは最大の広告です。

レビューをピックアップして、商品ページに載せることにより、お客様も安心して購入することが出来ます。

またピックアップする時には、様々なお客様の声を商品ページに載せるようにしましょう。商品とお店のアピールに繋がります。

レビューを商品ページに載せていない店舗さんも以外と多いので、お客様からのレビューは商品ページにピックアップして載せていきましょう。

実績を利用する(創業年数や賞の受賞歴など)

お店の実績をお客様にアピールすることにより、他のお店との差別化をすることが出来ます。

まずはお店の創業年数を利用します。
創業30年や、一筋30年などの実績があれば商品ページに載せていきましょう。

きつね店長がおススメする記載方法は、〇〇一筋30年です。

創業30年より一筋30年の表現の方が
「お、なんかすごい。」と感じやすいからです。

例えば、お肉屋さんの場合でいうと
創業10年のお肉屋さん、より
肉にこだわり一筋10年、の方がインパクトがありませんか?

ネットショップでは使い古されたキャッチコピーを使っても、お客様には見てもらえません。少し心が動かされるキャッチコピーの方が、お客様の反応も良いと思います。

また賞などの受賞歴がある場合も商品ページに載せておきましょう。

楽天市場の場合は、ショップ・オブ・ザ・マンスや月間優良ショップなど様々な賞があります。

楽天市場に限らず、その他にも色々な賞があると思います。

賞の受賞歴があるあなたは、必ず商品ページに載せておきましょう。それだけでも、その商品の差別化になります。

こだわり、商品の作っている写真を載せる

こだわり、商品の作っている写真を載せる

あなたがお店に出している商品のこだわりや、商品への思い、その商品を作っている写真などを載せるだけで他の商品との差別化になっていきます。

どんな商品も作る上で、こだわりや思いがないと商品は作れないと思います。
あなたが思っているこだわりを、画像やバナーにすることにより他の商品との差別化が出来ます。

また実際に商品を作っている写真や、工場などで生産をしている写真を載せると、他の商品との差別化に繋がります。

商品を梱包している写真なども一緒に載せると、お客様も安心して購入することができるのでおススメです。

ブランドになる

難しいけど1番効果があるのが、あなたのお店がブランドになることです。

あなたのお店がブランドになってしまえば、お客様から信頼される状況になります。

例えば、有名な人がお店を出したとして「私はこの商品がおススメです」と言えば、ある程度はその商品は売れると思います。その有名な人自身が、ブランド化されているからです。

あなたのお店がブランドになる方法はTwitterや Instagram、YouTubeなどでフォロワーを増やし、あなたの商品を自分でブランディングすることです。
少し難しいとは思いますが、誰でも無料ででできる時代なので、やってみるのも悪くないと思います。

ブランドになる方法は結構難しいですが試してみる価値は充分にあります。

まとめ

まとめ
これまで差別化をする方法を5つ紹介してきました。

①ランキングを利用する
あなたの商品がランキングにランクインしたら、積極的にお客様にアピールしていきましょう。

②レビューを利用する
レビューは最大の広告です。レビューをピックアップして商品ページに載せていきましょう。

③実績を利用する
創業年数や賞の受賞歴なども商品ページに載せて差別化していきましょう。

④こだわり、商品の作っている写真を利用する
こだわりがなければその商品は作れません。あなたの商品のこだわりを画像にしてお客様にアピールをしていきましょう。

⑤ブランドになる
SNSでフォロワーを集めて、あなたのお店がブランドになってしまえば、効果は絶大で商品は売れていきます。

今回は以上となります。

人気記事【キャンペーンカレンダー】一目で分かる!楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonのセール

人気記事【無料あり】ネットショップ比較7選!店長歴10年の僕がおすすめします。