【ネットショップ】「商品ページ作りなんて、外注すればいい」という人の勘違い

ネットショップ開業


 
こんにちは!
ネットショップ歴10年の、きつね店長です!

今回は
【ネットショップ】「商品ページ作りなんて、外注すればいい」という人の勘違い
このようなテーマで話していきます。

ネットショップを始めると最初にぶつかる壁の1つが、商品ページ作りだと思います。

  • なかなか綺麗なページが出来ない
  • 商品ページって何を載せたらいいの?
  • HTMLって何?

こういった方が多いかと思います。
そこで選択肢の1つとして出てくるのが、ページ作りを外注するというやり方です。

きっとあなたの所にも営業のメールや電話が来たことがあるかと思います。
しかし、きつね店長はページ作りの外注はおススメしません。
理由は次の通りです。

・自分でページ編集が出来なくなる
・ページの更新も出来なくなる
・値段が高い(ボッタクリも存在)

これらの理由からきつね店長は、ページ作りの外注はおススメしません。1つずつ解説していきます。

本記事の内容 ~目次~

自分でページ編集が出来なくなる

商品ページを外注すると綺麗なページは出来るかもしれませんが、自分でページを編集出来なくなってしまいます。

ネットショップは商品ページを1度作ってしまえば、ずっと売れるという自動販売機ではありません。

商品ページは、イベントやポイントアップ時に編集する必要がありますし、季節ごとにも変えていく必要があります。

きつね店長のお店は常に、商品のこだわり、お客様の声、賞の受賞歴、季節ごとにページを編集しています。

毎日、頭の中で商品ページをどのように作ったらいいかを考えています。

「商品が届いたら、お客様はどんな気持ちになるだろう。」

「この商品の、こだわりはまだないか?」

このようなことを考えながら商品ページを作っていきます。アイディアを思い付いた時に、自分でページが編集出来ないと困ります。

自分で商品ページが編集が出来なくなるということは、商品の良さを引き出せないことに繋がります。

「編集したいと思ったら、また外注すればいい」

と思う方もいるかと思いますが
編集をする度に外注をしていたら、お金がいくらあっても足りません。

自分で商品ページは編集出来るようにしておく為にも、外注はおススメしません。

ページの更新も出来なくなる

自分で商品ページが編集出来ないということは、ページ更新も出来ないことにもなります。

あなたも普段、ネットショップに限らず様々なホームページを見るかと思います。YouTubeやTwitter、ニュース、ブログなど。

1つ質問ですが

普段見ているホームページが、何ヶ月も更新されていなかったら、また見たいと思いますか?

答えは、NOだと思います。

あなたが見ているホームページが以前と何も変わっていなかったら、情報も何も変化がないので、見る気が失せてしまいますよね。

ネットショップも同じです。商品ページに何も変化がないと、すぐにお客様は飽きてしまいます。

またページに更新がないと
検索アルゴリズムが価値が無いページだと判断してしまい、検索しても上位に表示されなくなってしまう可能性があります。

検索アルゴリズムに価値が無いページだと判断されてしまったら、そのページはお客様に見てもらえなくなってしまいます。

ページに価値がないと判断されない為にも、自分で編集してページを更新することが大切です。

値段が高い(ボッタクリも存在)

商品ページを外注すると単純に値段が高いです。

外注の値段はピンからキリまでありますが、1ページを作るのに100万円するのもザラにあります。

きつね店長も商品ページ作成会社の営業を受けたことがあります。

女性の方が営業に来て、モスバーガーに入り説明を受けました。とても感じの良い方でした。
先ず営業の方は

「きつね店長のライバル店のページは当社が作成したページです。」

と商品ページの資料を見せてもらいました。確かにとても見やすくて綺麗なページでした。
その後に

「当社に任せていただければこのようなページを作ります。」

と言われ簡単な商品ページの設計図を見せてもらいました。その後に、値段を言われました。

「50万円です。」
「た、高い…」

値段が高いということもありましたが、これを作ってもらった所で自分で編集が出来ないと感じ、大変申し訳なかったのですが、お断りをしました。

それならば当社にバナーを1つでも作らしてもらえないかと言われ

「バナーは1つ1万円です。」

先ほどの金額を言われた後に1万円と聞くと安く感じてしまいましたが、

「バナーで1万円かぁ。やっぱり高いな…」

と思い、お断りをしました。
色々な商品ページ作成会社があると思いますが、値段が高いのと、値段が安い会社だと自分でも作れるようなページになると思います。

ボッタクリはよくある話です。

メールや電話で商品ページ作成会社から営業が来ますが「これ、ボッタクリだろ。」と思うことも多々あります。

特にネットにあまり詳しくない方が狙われると思います。ボッタクリも少なくない話なので、ボッタクリにあわない為にも、ある程度自分で作れるようになった方がいいですね。

商品ページはフォトショップで作りましょう

「商品ページは自分で作れるようになりましょう。と言われても綺麗なページなんて作れないよ」
と言われる方もいるかと思います。

まず綺麗な商品ページを作るためには、フォトショップという編集ソフトを使いましょう。

きつね店長は色々な編集ソフトを使いました。しかし、フォトショップ以上に綺麗なページを作れる編集ソフトはありませんでした。

フォトショップとは、Adobe社から出しているソフトで、料金は月額制となります。
»Amazon Adobe Photoshop CC

他の編集ソフトよりも、値段は正直高いです。しかし、フォトショップはプロの方も使っている1番有名な編集ソフトです。

フォトショップが使えるようになると、綺麗な商品ページが出来るようになります。
また、1番有名な編集ソフトですので

フォトショップ ページ作成
フォトショップ バナー作り方

などと検索するとGoogle先生がすぐに教えてくれます。

商品写真の加工や、お店の看板も作れますので、ネットショップの編集ソフトはフォトショップが必須だと思います。

フォトショップを勉強して使えるようなり、外注に頼らず自分で商品ページを作っていきましょう。

人気記事【無料あり】ネットショップ比較7選!店長歴10年の僕がおすすめします。

人気記事ネットショップを開業するおすすめの方法